三線大変身!




――今お持ちの三線にこんな悩みはありませんか?
◆人工張りや強化張りで音に満足していない
◆カラクイが止まらない、すべる
◆音がボンボンする
◆買い替えを考えたが予算が……
◆10万以上のものを買うには勇気が……

「値段も値段だし、こんなもんか・・・」――なんて諦めていませんか?
誰だって良質なものが欲しい。

そんなお客様の悩みをあけぼの三線ならズバッっと解決してあげられます!


+++++ 改善部分は、ずばり「棹」と「張り」 +++++

◆棹の作業工程(※棹の変形が無い場合)
■1)チラの修正
棹の"顔"となる部分です。
平凡顔からベッピンさんに変身★
■2)カラクイの(穴)の修正
お客様の悩みで多かったのが
演奏中カラクイが止まらない」「すべる」こと。
これを解決すべく、2014年に弊社が開発したのが
止まるカラクイふんばる君U」です。

「す〜と回って、ピタッと止まる」カレは
演奏者から絶大な信頼を寄せて頂いております。
■3)歌口のバランスの修正
■4)トゥーイの修正
棹で一番大切な部分です。
■5)鳩胸の修正
本来の型に合わせて修正します。
■6)胴
トゥーイの深さと分当ての関係を修正します。
■7)仕上げ
棹の塗りです。
◆張りの作業工程


■キレにくい■ゆるみにくい■キンキンしない
●上質な本皮一枚張り仕上げにします。
本皮張機と音域測定器を用いてお好みの張りの高さに仕上げます。
≪※古典音楽を演奏したとき、良い音とされている本張りの高さは830Hz〜880Hzです≫
和音を取り入れ、胴の表面と裏面をバランスよく仕上げます。




──以上の工程を経て
あなたの三線を今のモノからよりグレードアップした三線に生まれ変わらせます。

本来の琉球三線の型に各部を【修正・本張り・塗り直し】することによって
10万以上三線匹敵する「」に仕上げます!


●棹の修正
●本張り(両面張り 25,000)
●塗り仕上げ…込みで
チーガを新しく使用する
場合は
修理期間は、わずか
約1週間
30,000
+1,500

※尚、送料・代引き手数料はお客様負担となります



◆◇◆ 三線をグレードアップしたお客様の声 ◆◇◆
●まさかこの値段でこんなに澄みきった音が手に入るとは…大満足です。
●高級三線を持つ友人と練習しても音に遜色なくなりました。本当にすごい!!
●家にあるクルチのものより、修正して貰った安価の三線の方がよく響く(笑)
●今までと音の響きが全く違います。その上カラクイの悩みまで解消されるなんて…。
これが元値10万もしない三線なんて誰も信じないはず。

※この他にもたくさんの満足いくお声を頂いております。

せっかく購入したアナタの大切な三線。
無駄にせず、質を高め生まれ変わらせまんか?


▲TOPに戻る